main-logo

ダイバーシティ

急激な少子高齢化、IT化、働き方の変化など、環境の変化が訪れています。
現在、企業にとって多様な人材を活かしていくことが
組織の成長のために欠かせない戦略となっています。

多様性を活かし、企業の成長につなげていくことを
ダイバーシティ戦略と言います。

2014年6月に発表された新たな成長戦略の中には、
女性登用の目標設定や計画策定を義務付けられ、
政府も今後ますます力を入れて女性活躍を推進していく姿勢を表しています。

◎ 女性の活躍を推進する3つのポイント

「2020年までに指導的地位に占める割合を30%に」
という政府の目標を達成するために、ポイントは3つあります。

①上司の意識の改革
働くことが好きでスキルもあり、
頑張り続けたいと思っている女性はたくさんいます。
そのような女性に対し、仕事を任せ、組織とともに育てていく必要があります。
それぞれが「多様性」を理解し、チームの成果につなげる新しいマネジメントスタイルを目指します。

②本人の意識改革
女性自身が「長く働き続ける自分の未来」を
前向きに考えられるようにすることが必要です。
職場によっては、長期間働いていたり管理職になっている女性が不在
「ロールモデルの不在」が課題です。
前向きに働き続けるきっかけを提供することが必要です。

③本人のスキルアップ
指導的地位となるにあたって必要な知識やスキルを
身につけていくことも必要です。
それは男性も同様ですが、「コーチング」「部下育成」「ロジカルシンキング」「プレゼンテーション」など
リーダーに必要なスキルを身につけ、企業の中でリーダーシップをとっていけるスキルを身につけます。

 

プログラム

テーマ

ねらい・特徴

内容概略

管理職向け
ダイバーシティ研修(1日間)

企業を取り巻く環境の変化に伴うダイバーシティ推進の必要性を知る。

それぞれが『固定的な価値観』に気づき、見直す。
多様な人材を活用し、チームの成果につなげる新たなマネジメントスタイルの獲得をめざします。

・ダイバーシティとは
・企業を取り巻く経営環境の変化
・現状把握
・自身の「価値観」の偏りを知る
・組織への適応 …など

女性社員向け
キャリア研修
(2日間~3日間)

「ロールモデルの不在」という問題に焦点をあてて、
女性のキャリアアップに対する意欲向上を目的とした研修です。

ロールモデルの「土台作り」から「策定」「実行」までをサポートし、
前向きに働き続けられるようになるきっかけを提供します。

・キャリアとは
・自己を理解する
~自己理解の方法
・ワークライフバランスを考える
・キャリア目標を設定
・想定されるライフイベント
・リーダーシップ
・セルフコントロール力
・アクションプラン
  ・・・など

女性リーダー研修
~キャリアアップ編 (1日間)
【別途】 
~ワークライフバランス編(1日間)もあり

自分に求められる立場と役割とは何か、
上司を補佐するために必要なコミュニケーションの方法、後輩・部下を適切に指導するためのコミュニケーションスキルを学んでいきます。

・女性が活躍できる職場とは
・女性の活躍事例や効果を共有する
・リーダーに求められる役割
・自分の強みとキャリアの棚卸
・未来を切り開く「これから」を考える

ダイバーシティ
推進リーダー研修(2日間コース)

ダイバーシティの推進を効果的に浸透させることを目的に、社内各部署で、その推進担当者を養成します。

ダイバーシティのフレームを理解するとともに
現場に合った施策を実施する基礎スキルを習得します。

・ダイバーシティとは
・経営環境の変化
・ダイバーシティの必要性
・ダイバーシティリーダーとしての役割
・コミュニケーションの取り方
・ダイバーシティに関するQ&A
‥など